W88

w88の出金時間は?

w88は業界最速級。

w88はバカラやスロットなどの定番カジノゲームに限らず、スポーツベットやテキサス麻雀など1,000種類を超える様々なゲームがプレイできることで有名です。

 

ですがいくらゲーム数が多くても気になるのが出金にかかる時間ではないでしょうか?

最近のオンラインカジノでは遅いところでは1日、2日ほど着金までにかかるところもあり、はっきり言って遅すぎです。

ここまで出金に時間がかかってしまうと、すぐに勝ったお金を口座に移したい人にとってはストレスですよね・・・

 

ですがw88の出金にかかる時間については、まったく心配いりません。

と言うのもw88は着金までに2~3時間で完了することがほとんどで、業界最速級と言われているからです。

ただ、w88よりもさらに出金が速いオンラインカジノもあります。

w88登録は以下バナーから公式サイトで可能!2分で完了です!


出金時間わずか3時間のw88の公式サイトを見てみる 

w88よりもっと早く出金ができるオンラインカジノがある?

w88の出金時間は僅か3時間程度と業界最速級で、ベラジョンやエンパイア777などの有名なオンラインカジノよりもはるかに速いスピードです。

 

ですが、出金処理にかかる時間に関しては上には上がいます。

パイザ(Paiza Casino)は出金にかかる時間が平均2分という驚異的なスピードを誇り、今日本でプレイできるオンラインカジノでは本当に最速です。

2分で出金となるともはやランドカジノでチップを現金に換えている感覚と変わらず、本当にサクッと出金処理が完了しますね。

そのためランドに慣れているハイローラーを中心に大きな支持を集めています

 

出金にかかる時間が2分だろうが3時間だろうがそこまで変わらない!という方にはどちらでもいいと思いますが、パイザ(Paiza Casino)がハイローラーの方に響いている理由はまだ他にもあるんです。

住所のローマ字での入力不要で1分で登録できます。

w88よりもさらに出金時間が短い(2分)パイザ公式を見てみる↓

パイザ(paiza casino)登録方法はこちら>>
パイザの特徴を説明している過去記事はこちら>>
 

パイザ(Paiza Casino)とw88はどちらも出金時間が短い!でも出金限度額を比較してみると・・・

w88もパイザも出金速度はどちらも最速級ですが、出金の限度額が大きく異なります。

w88の出金限度額は以下の通りです。

  • 1回→5,000ドル/100,000円
  • 1日→80,000ドル/10,000,000円

1日での出金限度額はそこそこあるのでハイローラーの方でも困らないと思うのですが、ただw88は1回での出金限度額がUSDで5000ドルまで、日本円で10万円までと少額です。

そのため大きな額の出金は1日で何回も手続きを繰り返さないといけなくなり、大変手間です。

 

一方でパイザ(Paiza Casino)は出金上限額を設けていないので、最初からいくらでも出金可能です。

1000万円でも2000万円でも一括で出金が可能なので、ハイローラーにとってはここまで使いやすいオンラインカジノは未だかつてありませんでした。

出金処理スピードでは大きな違いはありませんでしたがこうして出金制限で見てみると違いがあり、多くのハイローラーがよりパイザを選んでいる理由がうかがえますね。

住所のローマ字での入力不要で1分で登録できます。

w88よりもさらに出金時間が短い(2分)パイザ公式を見てみる↓

パイザ(paiza casino)登録方法はこちら>>
パイザの特徴を説明している過去記事はこちら>>
 

w88の出金時間は?まとめ

▼「w88の出金時間は?」ダイジェスト▼

1 w88よりもっと早く出金ができるオンラインカジノがある?
2 パイザ(Paiza Casino)とw88はどちらも出金時間が短い!でも出金限度額を比較してみると・・・
3 w88の出金時間は?まとめ

 

w88の出金時間は2~3時間程度で業界でも最速級です。

ですがパイザカジノ(Paiza Casino)はさらに速く平均2分という出金時間を誇ります。

さらに出金限度額を比べてみると、w88には1回5,000ドル/100,000円という決まりがあり、ハイローラーには使い辛い現状もあります。

一方でパイザであれば出金上限額がなく無制限なので、どれだけ高額でも自分の好みの額を一気に入金ができるので、ハイローラーから近年大きな注目を集めています。

住所のローマ字での入力不要で1分で登録できます。

w88よりもさらに出金時間が短い(2分)パイザ公式を見てみる↓

パイザ(paiza casino)登録方法はこちら>>
パイザの特徴を説明している過去記事はこちら>>